About Chuuk

ご旅行の際に必要な主な情報をまとめました

チュークの基本情報

■チューク州について

チューク州はミクロネシア連邦4州(ポンペイ・チューク・ヤップ・コスラエ)のうちの1つで、以前は「トラック」と呼ばれていましたが、1989年の州憲法制定にともない「チューク」に変更されました。

かつて1つの大きな火山島であったチューク環礁は数千年をかけて島の大部分が海底下に沈み、その山頂付近が現在の島々となって残りました。周囲300Kmにおよぶ巨大な礁湖の中に、大小100以上の島々が浮かんでいます。

主な島はウェノ(モエン)・トノアス(デュブロン)・フェフェン・ウマン・ウドット・トールの各島で、日本統治時代は春島や夏島などの四季諸島、月曜島から日曜島までの七曜諸島など、日本名で呼ばれていました。

チュークの人口は約5万人で、ミクロネシア連邦の人口の約半数を占めています。そのうちの約3分の1はメインアイランドのウェノ島に住んでいます。

■チュークへのアクセス

ユナイテッド 航空のグアム乗り換えで行くことができます。グアム~チューク間は約1時間45分で、週5便あります。フライトとツアーのスケジュールは ➡こちらのページ をご覧ください。

■時差

日本との時差は1時間。日本が10:00の時、チュークは11:00です。

■気候と服装

熱帯気候で、気温は年間通して28~30度前後。6~10月はスコールや熱帯低気圧が増え、11月~5月は貿易風が強まり波が高くなります。建物内は冷房がとても強く効いています。レストランなどでは羽織物があるとよいでしょう。女性の場合、極端な肌の露出はエチケット違反なのでご注意を。特に膝上の露出はチュークでは”裸でいるようなもの”と見られます。

■言語

チューク語および英語 空港やホテルでは英語が通じます

■通貨

US$(米ドル)です。《チュークでは両替は出来ませんので、日本かグアムで両替をしてきてください》

 

チュークではクレジットカードを利用出来ないお店が多いため、現金をご用意下さい。ホテルについては ➡ホテル情報 をご覧ください。ダイビングのお支払いは現金のみの取り扱いとなっております(クレジットカード不可)。最近はチップ制が定着してきています。ベッドメイキングには$1、またダイビング時には現地人スタッフ1人あたりに、3ドル/1日が目安となります。

■電圧

電圧は110V。プラグは日本と同じです。

■交通

空港からホテルへは、飛行機の到着に合わせてホテルが予約者用の送迎を用意しています。

島にはバスや電車はありませんが、日中はタクシーが走っています。タクシーは個人営業&流しの乗り合いで、段ボールに「TAXI」と書いてフロントガラスに表示しています。メーター制ではなく、観光客は高い金額を請求されることがありますので、事前にしっかり確認しましょう。基本ワンストップ1~2ドル/1人です。日没以降(午後5時以降)と日曜日は走っていませんのでご注意を。

■治安

チュークは基本的にはのんびりした島ですが、特に夜は酔っ払いが出没します。チューク人は酔うとかなり凶暴になります。治安が良いとは言えませんので、日没以降の外出は絶対に避けてください。またお荷物からは絶対に目を離さないようにご注意ください。《のんびりしていても外国です。自分の身は自分で守りましょう》

Please reload

Weno(ウェノ)島マップ

ウェノ(モエン)島は、チューク州の州都。

ウェノ島は行政上の名称で、旧名はモエン島。日本統治時代は春島と呼ばれていました。

面積は18K㎡の環礁内で2番目に大きな島で、島の中央には海抜369mのトノケン山があり、市街地の背後には海抜228mのトナチャウ山があります。​島は熱帯の森林に覆われており、集落は海岸沿いに集中しています。島の西側には政府のオフィスや銀行、ホテル、空港などがあります。

Please reload

Please reload

Treasures - トレジャーズ

​​スタッフ紹介​​

オリジナルグッズ

Please reload

Contact - お問い合わせ

​​お問合せフォーム​​

Please reload

© 2006-2019 TREASURES Inc.